未分類

PC筋トレーニングで男の自信と勃起力を取り戻す!メリットややり方を紹介!

「セックスに自信がない」「勃ちが悪くなっている気がする」「挿入してもすぐにイってしまう」このような悩みを持つ男性がたどりつくのが、「PC筋トレーニング」です。

PC筋とは、まさに”男の自信を支える筋肉”と言えます。大きな大胸筋やバキっと割れた腹筋がそうであるように、PC筋を鍛えることで男性としての自信を手に入れることができます。しかも、「遥かに簡単な方法で」です。

ここではPC筋を鍛えるメリットや、そのトレーニング方法を厳選してお伝えします。

PC筋とはどんな筋肉?

PC筋とは、睾丸の少し上あたりに位置しており、ペニスを根元から支えている筋肉です。
主にポンプのような役割を担っていて、私生活では排尿のコントロールをする際にもっとも稼働しています。

漏れてしまいそうな時でもトイレを我慢できるのはPC筋がうまく機能しているからです。

ペニスの男性機能においてもポンプの役割は変わらず、勃起の際、血管に血液を送り、その血液をペニスに維持しているのもこのPC筋のおかげ。

PC筋が”男の自信を支えている”と言えるのは、このような重要な役割を担っているためです。

PC筋を鍛えるメリット

男性機能を高める意味で、PC筋トレーニングは非常に優秀です。
人気AV男優のしみけんさんも「男の悩みの大半は解決する」とPC筋トレーニングの重要性を説いており、自身も日頃から取り組んでいるとのこと。

PC筋を鍛えることで得られるメリットを4つご紹介します。

①勃起力が強くなる

勃起のメカニズムを整理すると、以下の3つの行程で成立していることがわかります。

  1. 性的興奮から男性ホルモンが分泌、脳からペニスに指令が行く
  2. ペニスに血液が送り込まれ、勃起状態が始まる
  3. ペニスの毛細血管に血液が満たされ勃起状態が完成する

PC筋はこのすべてに関与しているのです。
性欲を司る男性ホルモンの一種である「テストステロン」は、睾丸で生成されます。
睾丸付近に位置するPC筋はダイレクトに睾丸の機能を促進するため、勃起するために必要な興奮状態を高めてくれるのです。

テストステロンによって促進された血流をペニスに流し込むのもPC筋の仕事です。
PC筋の働きでより多量の血液をペニスに送り込むことが可能になり、力強く勃起することができます。

さらに、送り込まれた血液がペニスに留まるよう弁の役割をするのもPC筋。
勃起状態があまい「フニャチン」や、セックス中の「中折れ」をも改善してくれる非常に頼りになる筋肉なのです。

②早漏防止になる

PC筋が排尿のコントロール機能も持つことは「PC筋はどんな筋肉?」の項でお話しした通りですが、射精の際にも同じ役割を担っています。

セックス中に我慢ができずに射精してしまったり、思いもよらず”暴発”してしまうことがある人は、PC筋を鍛えることでそういった症状を改善することができます。

早漏気味の人はまず第一にPC筋を鍛えるようにしましょう。高確率で改善が見込めます。

③セックスが上手になる

「女性に喜んでもらえるセックスができる」という意味で、PC筋を鍛えるとセックスが上手になります。

血行改善によりペニスはガチガチに硬くなりますし、射精コントロールも上達するので自分が果てる前に女性を満足に気持ちよくさせてあげることができます。

PC筋を鍛え続ければ、男としての自信を強く持てるようになるのは間違い無いでしょう。

④ペニスを大きくすることができる(間接効果)

あくまでも間接的にではありますが、PC筋を鍛えるとペニスのサイズが大きくなることも期待ができます。

PC筋を鍛えるとペニスに流れる血行がよくなるため、多量の血液を送ることができるようになります。
毛細血管の膨張具合も大幅に変わるため、鍛える前とあとでは勃起時の太さに違いがでるはずです。

とはいえ、恒久的な大きさを手に入れるためには亜鉛をはじめとした適切な栄養摂取や、成長ホルモンを促進するために生活習慣を整えるなどその他に多く重要な要因があるため、あくまでも間接的に貢献するということは覚えておいてください。

PC筋を鍛えすぎるとデメリットはある?

体の内部の筋肉を鍛えるとなると、なにかしらのデメリットがあるのではないか?と不安な方もいるのではないでしょうか。

PC筋トレーニングには基本的にデメリットはありません。
PC筋に刺激を与えることで体に不調が起きたりということはありませんので安心してください。

ただ、PC筋を鍛える過程で関節に負担がかかる可能性のあるトレーニングもあります。
強いて言えばこのリスクがデメリットではありますが、トレーニングのやり方をしっかり守れば怪我をすることはありません。

正しいトレーニングについては次の章からご説明します。

PC筋を鍛える方法を3つ厳選|この3つを今日から始めよう

器具もいらず、費用もかからず、簡単に始められる方法を3つ厳選しましたので、早速今日から始めてみましょう。

肛門開閉トレーニング

PC筋肉鍛えるトレーニングの中でもっとも場所を選ばず、手軽に行えるのが「肛門開閉トレーニング」です。
肛門をキュっと締めるだけなので、通勤の電車内や椅子に座りながらでもPC筋を鍛えることができます。
詳しいやり方は以下の通り。

  1.  PC筋の位置を意識しながら、肛門をキュッとキツく締める。その状態を5秒キープする。途中で緩まないように注意。
  2. 3秒緩めたのちに、ふたたび肛門を締めて5秒キープする。
  3. これを10回程度くり返す。

たったこれだけの方法なので、3分ほどあればトレーニング完了です。

PC筋スクワット

つづいての方法は「PC筋スクワット」。
PC筋を鍛えるとともに、全身の筋肉の70%が集まっていると言われる下半身を鍛えることで、テストステロンの増大も促してくれます。
詳しいやり方は以下の通り。

  1. 1幅の広さより若干広めに両脚を開き、直立する。
  2. 3秒程度時間をかけてお尻を落とす。この時、「膝と腰が直角になること」「膝を開きながら腰を落とすこと」の2つを意識するように。
  3. その後、3秒ほど時間をかけて両膝を開いたまま元の姿勢に戻る。
  4. 元の姿勢に戻ったら、肛門開閉トレーニングと同じ要領で肛門をキュッと引き締め3〜4秒ほどキープする。
  5. この行程を10回ほど繰り返す。

こちらは全行程5分ほどあれば完了します。
スクワットを行う際には、「膝を開きながら」という点を意識するようにしてください。
膝を閉じてスクワットを行うと、怪我の可能性が高まってしまうためです。

ケーゲル体操

最後のトレーニングは「ケーゲル体操」です。
産後の女性が行うことの多い体操ですが、男性にとってもPC筋の発達に効果のある方法なのでぜひ試してみましょう。

  1. 仰向けに寝転び、両膝を立てて体の幅より少し大きめに開く。
  2. その体勢のまま肛門を「締める・緩める」を3回ほど繰り返す。
  3. 最後に再び肛門を閉め、閉まった状態を5秒間キープ。これを3回繰り返す。

この行程を他の2つのトレーニングと同じく10回ほど繰り返しましょう。
3〜4分ほどで完了するはずです。

寝ながら行うトレーニングですので、就寝前にほんの少し時間を取って行うといいかもしれません。

PC筋トレーニングの効果が出るまでの期間は?

頻度や負荷の掛け方によって効果が出るタイミングには個人差がありますが、前の章で紹介したトレーニングを1日に10回ずつほど、毎日行えばひと月ほどで効果が出てくる人が多いです。

体の他の部位をトレーニングする際にも、「継続」はなによりも大事なこと。
とはいえ、他の部位を鍛える時のように、ジムに行かなければできないトレーニングや高い費用がかかる方法ではないため、比較的気軽に継続できるはずです。

普段であればゴロゴロしてしまうその30分をトレーニングに当てるだけで効果は違いますので、ぜひ続けてみてください。

PC筋トレーニングは年齢によって効果の差がある?

PC筋トレーニングは年齢による効果の差はとくにありません。20〜30代の方にも、40代以上の方にも確実に効果のある手法です。

しかし、”効果を実感できる度合い”は年齢によって差が出てきます。
PC筋は年齢とともに衰えやすい筋肉であるため、歳を取るとともにその能力は低下していってしまうからです。

トレーニング前と後でより違いを感じるのは40代を過ぎてからの男性の方でしょう。
特に、「日常的に体を動かすことがあまりなく、座っている時間が長い方」の場合は特にPC筋が衰えている可能性が高いため、トレーニング効果を強く実感できるはずです。

PC筋トレーニングと同時にすると良いこと

PC筋トレーニングも、大きくくくれば「筋トレ」の一種なので、トレーニング以外に同時進行で行うとより効果が実感できる方法があります。以下に2つご紹介します。

睡眠

トレーニングにおいて成長ホルモンの分泌は非常に重要です。
そのためにもっとも効率がいいのが「睡眠」。

成長ホルモンが多く分泌される時間帯は22時から2時の間の時間帯なので、この時間を含む合計7時間以上の睡眠を取るように心がけてみてください。

より効率的にPC筋を鍛えられるはずです。

栄養摂取

PC筋トレーニングの究極の目的は”男性としての自信を手に入れる”ことです。
そのためには男性ホルモン=テストステロンの量を増やすことも大事な要素です。

テストステロンは血行促進にも効果があるため、PC筋トレーニングの効果を高めてくれます。

比較的摂取しやすい栄養素としては、とくに亜鉛の摂取がおすすめ。
亜鉛はテストステロンの生成をサポートしてくれる成分なので積極的に摂取するようにしましょう。

食品で摂取するのにもっともおすすめな食材は「牡蠣」です。
より手頃に摂取するには「玉ねぎ」や「納豆」も亜鉛を多く含んでいますので、食事に取り入れてみてください。

なかなか食事に時間を取れない方は亜鉛配合サプリメントを1日一錠摂取するのも効果的です。

PC筋トレーニングで自信を手に入れよう!

PC筋トレーニングの方法やそのメリットをお伝えしてきました。
どのトレーニング方法もお金と時間、手間がそれほどかからず気軽にはじめられるものですので、ぜひ今日から始めてみてください。

毎日継続してトレーニングを続けることができれば、ひと月後には徐々に男としての自信がついてくるはずです。